不動産の売買では立地がポイントになります

不動産物件の売買ではマイホームを購入する場合でも、賃貸物件での経営をする場合や転売でも場所である立地が重要なポイントになります。建物がいくら良くても、資産価値としては需要がなければ価値を上げることができません。そして、誰も購入しなければ、価格があっても意味をなしません。まったく価値がないのと同じですし、税金や管理費などが必要なので、マイナスの価値になってしまいます。それほど立地は重要になります。また、需要があっても地方と都会では、需要の過多で差が出てきます。同じ規模の物件でも需要がないところでは、価格が下がりやすく、需要がある都会では価格を保てたり、時には上がったりします。そのため、将来の価値を考えて購入する必要があります。あるいは購入せずに借りるという手段を取る必要もあります。

将来の人口などの需要も考えて売買をします

不動産投資では、将来の需要も考える必要があります。場所が今現在人気があり、良い場所とみられていても、将来どうなるかわかりません。その点も注意が必要です。極端な例では、たとえば東北の震災の後で、住めなくなっいた地域があります。そこに住まいがあった人は、資産価値がどうなったかは誰でもわかります。そのほか、過疎化で交通機関が無くなるという地域もあります。また、住人が減少して人口が少なくなる場合もあります。そこにいくら豪邸を建てても別荘などを建てても、使う人がいなければ価値がないのと同じです。不動産投資では、今の価値だけではなく、可能性も考えて購入する必要があります。マイホームでも同じです。資産価値を考えて投資をするという考え方で購入する必要があります。将来の予測も必要です。

交通アクセスなどの環境の条件も重要です

マイホームを購入する場合に、以前は通勤時間が長くても、庭付きの一戸建てを欲しいということで、地方の価格の低い物件でも購入するという場合もありました。今でもそう考える人もいるかもしれませんが、その場合、長期間通勤できるかどうかということも考える必要があります。病気になったり、体力的に厳しくなったりということなどを考えると、自然環境が良くて、価格が安いというメリットも色あせてきます。何時間もかけて往復をするという考え方ではなく、通勤時間を少なくして、残りの時間を有効に使う方が、よほど建設的で、いろいろなメリットを得られます。退職後に田舎暮らしをしても良いわけなので、その時だけではなく、何十年か先のことも考えながらマイホームも購入する必要があります。

神奈川県の不動産売買・仲介・管理まで、お客様のさまざまなご要望にお応えします。 約95%という圧倒的な入居率を誇り、お客様をトータルサポートいたします。 購入の流れや物件の売却など、各種お問い合わせについても対応いたしております。 万が一入居しない場合でも、安心保証制度なら差額の賃料を保証致します。 神奈川県の不動産のことなら、どんな事でもお任せください。 不動産の売買に関することはこちら