不動産売買は紹介会社から提案を受けるのがおすすめ

不動産を買う時にまず検討しておきたいこと

家を持つために不動産を買おうと考えている人は、まず予算と資金計画を事前に練っておくことが重要なのは言うまでもありません。予算と資金計画とは似て非なるもので、予算はどれくらいのお金で物件を買うかという算段、資金計画はそのお金をどこから得るかという算段です。多くの人は住宅ローンなどを検討するでしょうが、登記費用や契約の印紙代など税金等は現金による支払いです。引っ越し費用も現金ですし、火災保険料なども現金ですから、調達する融資と手持ちの現金とは分けて計算する必要があるでしょう。そこが固まって初めて、どの地域で探すのか、どれくらいの広さの家を探すのかの算段になります。この順番を逆にしてしまう人も多いのですが、スムーズに購入するためにはこちらが正解です。

不動産を買う時にまず検討しておきたいこと

自分が売る立場になった場合、まず決めなくてはいけない事は売出価格をいくらに設定するかという点です。もちろん自分の持ち物ですし、出来るだけ高い値付をしたいのは当然ですが、買う側は当然取引相場を調べています。全く同じものはないとしても、同等と判断される他の物件と較べてあまりに高い場合には、売れるものも売れなくなるのは当然のこと。売れるまでにあまりにも長い年月がかかってしまうほど高い値付では、結果的に損をしてしまいます。同時に大切なのがいつまでに売却するかというスケジュールです。場合によっては、売ったお金を他の資金に充てる計画があるかもしれませんが、タイミングを間違えるとそちらの計画にも影響が及ぶのは当然です。買主側に敬遠されてしまうような売出価格を設定すべきでないのは、そうした理由もあります。

やはり売買のプロの提案を受けるのが一番

不動産売買は、素人がすべての手続きを行えるほど簡単ではありません。売買にはタイミングがありますし、法律の知識や税金の知識なども必要。なにしろ取り扱う金額が大きいですから、不安になることが多いでしょう。そんな時にはプロの業者に依頼して、物件の紹介や提案を受けるのが一番です。条件に合う物件を紹介してくれたり、買ってくれる相手を紹介してくれたり、売り方買い方を提案してくれるのが業者の仕事。依頼する場合は媒介契約を結ぶことになりますが、専属専任契約や専任契約、一般媒介契約など種類があり、それぞれ自分の動きが変わります。簡単に言えば、自分では取引相手を探さない場合は専属専任契約、自分でも探したい場合は専任契約を結べば良いでしょう。また、専任という言葉が入る契約は、契約する相手の業者は1社だけになります。また、いずれも3ヶ月を超えて契約することは出来ません。もっとたくさんの業者と契約を結び、自分も自由に動きたいという場合は、一般媒介契約を選べば良いでしょう。